2012年04月02日

当日の事、その1

このブログと全然関係ないんですが、テストが終わってすぐ仕事が決まりました。
なんか幸先がいいです。

当日、恐れていた寝坊もなく、割と起き抜けすっきりの脳で試験会場へ向かう事ができました。
出だし好調。そして会場へと徒歩で向かいました。例の怪しげな独り言をつぶやきながら・・・。笑

リスニング、リーディング、ライティングの順でテストは進みました。
リスニングは一回しか流れないので、結構集中しないといけないです。

正直、出来は全然自信がありません。
ただ、分からなかった問題も、なんとなくな感じで、全て埋めてはおきました。
空欄埋め、がんばた。

いやもうね、最初の、「他に電子機器は持っていないですか?」っていう受付のお姉さんに聞き返すぐらいだからね、私。割とハードル高い場所に来てしまったよ、って思ったですよ。

リスニングとリーディングの解答用紙はそれぞれの面に印刷されてあり、1枚になってました。
最初、リスニング、ライティング、リーディングの順だと思っていた私は、

「こ、これはもしや・・・」

と、思ったのですが、いやな予感は当たりました。試験の順番をちゃんと把握してなかったのです。。
げー、ライティングが一番最後か・・・。と正直思いました。一番体力使うのに・・・。

気を取り直して、リーディング。
時間が足りなくなる事だけを恐れ、どんどん読んでく。これも、飛ばしてた部分は最後に埋めて、空欄はない状態に。最後まで時間が足りた!間に合った~。


そして、ライティング・・・。
正直、一番まともに練習したかもしれないので、落としたくなかった。
時間延長されないのにトイレに立つ人が沢山いました。も、もしや延びる?とか考えたのだけど、
これで延びなかったら絶対凹むので、ちょっと私も行きたかったんですが、我慢。

手紙の方は、歴史的な建物を取り壊さないように、自治体にお願いすると言う内容のもの。

エッセイは、職業上旅を沢山しなければならない人がいるが、親として、その家族にとってそれは良いことか、また、家族の休息の面から見てどうだろうか、貴方の考えを述べなさい、と言うような感じのものでした。

作戦通り、エッセイから手をつけて、正解だった~。エッセイの方は、変な話にならないように、日本語でどういう流れでコンクルージョンまで持っていくかメモします。メモした後、パラグラフをメモのとおりに順番に作っていくと言う方法。結構良く出来た、と思うけど、先生から返されてくる添削は割りと真っ赤になってるので、これも実際の出来は不明。

手紙の方は、ちょっと自信ないな。うまく書けたかなぁ・・・。って感じ。
お金がないから取り壊す事になった、と言う話だったんだけど、それに対して
将来、何に有効活用できるか示唆しなさい。
お金を集める方法をいくつか提案しなさい。

って、書いてあった・・・。
どうにか搾り出しました。

文字数はどっちも足りていたと思います。
もう、ここやった時点で、ヘロヘロ。そのとき大体、12:30。

そして、受験票に書かれていたスピーキングの開始時間を見てがっくり。
17:20って書いてある・・・。

そう、私のIELTSの一日は、長い一日だったのです。。



同じカテゴリー(IELTS当日)の記事
 当日の事、その2 (2012-04-03 23:29)
 IELTS受けてきました! (2012-03-31 16:19)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
当日の事、その1
    コメント(0)